GASTROSCOPE

胃カメラ

胃カメラ検査とは、鼻もしくは口からカメラを挿入し食道・胃・十二指腸の一部を観察する検査です。上部消化管(食道・胃・十二指腸)のポリープや炎症、癌などの病気を見つけます。食道がんや胃がんは、定期的な胃カメラ検査を行っていれば早期に発見でき治療が可能な病気です。

Common symptoms

『こんな症状のある方は検査を受けましょう』

  • 腹痛がある方
  • 食欲がない方
  • ピロリ菌が陽性の方
  • 体重減少がある方
  • 胃のむかつきがある方
  • 血縁者に胃がんに
    なった方がいる方
  • 黒い便がでる方
  • 貧血がある方

Gastroscope

『経鼻内視鏡検査について』

当院では鼻からスコープを挿入する経鼻内視鏡を導入しています。舌の根本に触れないため嘔吐反射が少なく、口からの検査よりも楽に検査を受けられます。また、できるだけ苦痛を軽減できるよう局所麻酔も行います。

Common symptoms

『胃カメラでみつかる病気』

胃だけでなく食道や十二指腸を直接観察できる胃カメラ検査では、バリウム検査では見つけにくい病気も発見が可能です。さまざまな病気の早期発見や診断に役立ちます。がんリスクが上がる40歳になったら、症状がなくても一度検査を受けることをおすすめします。

  • 食道がん
  • 急性胃炎
  • 胃がん・ピロリ菌
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎
  • 胃アニサキス症

INSPECTION FLOW

胃カメラ検査の流れ

安全に検査を行うため、胃カメラの検査前日までに一度受診をしていただくことをおすすめしております。検査の内容や事前の準備について注意事項などをご説明します。また問診や血液検査なども行います。
※必ず事前準備を守っていただけるようでしたら、胃カメラの直接予約も可能ですが極力事前の受診をお願い致します。

検査前

STEP 1

『診察』

検査内容や準備についてご説明させていただきます。また既往歴や内服しているお薬についても伺います。

STEP 2

『検査前日』

検査前日は21時までに食事を済ませてください。お茶・水・スポーツドリンクは朝まで摂取可能です。
飲酒はお控えください。

検査当日

STEP 3

『ご自宅での準備』

当日の朝は絶食です。検査時間まで水のみ摂取可能です。常用薬は、服用しないでください。
糖尿病でインスリン注射をしている方は、注射をお止めください。お薬手帳をご持参ください。

STEP 4

『検査準備』

来院していただいた後、検査を行います。唾液などで汚れてしまっても良い服装でご来院ください。
局所麻酔を行い、ベッドに横になり、リラックスした状態で検査します。
・予約時間より30分前に受付をしてください。

STEP 5

『検査開始』

鼻または口から内視鏡を入れ、上部消化管の観察を行います。検査時間は5〜10分程度です。

STEP 6

『検査後』

検査終了後、検査結果の説明を行います。(鎮静剤を使用された方は2時間ほど休んでいただいた後に行います。)検査後1時間は飲食をお控えください。また鎮静剤を使用された方は、車や自転車など運転はできません。付き添ってもらってのご帰宅をおすすめしております。

苦痛の少ない胃の内視鏡検査について
記事が掲載されました。

診療案内

Medical information

総合内科

General Internal Medicine

消化器内科

Gastroenterology

小児科

Pediatrics

泌尿器科

土曜日偶数週のみ診療

内視鏡内科

Endoscope Internal Medicine

胃カメラ

Gastroscope

大腸カメラ

Colonoscope

健診・人間ドック

予防接種

設備紹介

嚥下のご相談

Consultation for swallowing