INTERNAL MEDICINE

総合内科について

急な体調不良や気になる症状で悩んでいらっしゃる方はもちろん、何科を受診して良いかわからないといった場合もお気軽にご相談ください。
発熱・鼻水・咳といった風邪症状、頭痛・腹痛・動悸・息切れ・めまいといった身近な症状から、生活習慣病・脂質異常症・高血圧などの慢性疾患まで幅広く診療しており、特に生活習慣病・高血圧・脂質異常症の治療に力を入れています。

Internal medicine

『生活習慣病』

生活習慣病は生活習慣の乱れが原因で発症する疾患の総称で、栄養の偏った食事・運動習慣の欠如・喫煙習慣などが関与します。主な生活習慣病として高血圧・糖尿病・脂質異常症・肥満症などが挙げられます。これらは発症初期の自覚症状がないため、健康診断などで指摘されても「まだ大丈夫だろう」と放置してしまう方も少なくありません。しかし生活習慣病の改善には早期発見と継続して治療を行うことが重要です。当院では検査・診断のもと、現状の生活習慣を丁寧にヒヤリングし、患者様ひとりひとりにあった生活改善のアドバイスなどを行います。

Internal medicine

『高血圧』

高血圧とは、血管に強い圧力がかかっている状態・血圧が正常範囲を超え高く維持されている状態のことを言います。高血圧が続くと、血管が硬くなり動脈硬化を引き起こします。また血液を強い圧力で送り出している心臓にも負担がいくため、血管と心臓どちらにも影響を及ぼします。その結果、心不全や心筋梗塞、脳卒中など合併症のリスクを高めてしまいます。

Internal medicine

『脂質異常症』

血液中の脂質(中性脂肪・コレステロール)が多い、あるいは少ない状態のことをいいます。中性脂肪やいわゆる悪玉コレステロールが基準値を超えていても、逆に善玉コレステロールが低すぎても動脈硬化を進行させる原因となります。そして心筋梗塞や脳梗塞など合併症のリスクを高めてしまいます。早期発見と生活習慣の改善や薬物療法で正常値を保つことを目指しましょう。

Internal medicine

『当日わかる血液検査』

当院は血液検査の結果を当日にお伝えすることも可能です。一般的には採血した当日ではなく、次回また結果を聞きに受診してくださいと言われることが多いですが、すぐに結果が判明します。そのため結果をすぐに治療へ反映させることが可能です。発熱・腹痛といった急性疾患で受診された方には非常に効果的です。*医師の判断で結果は後日となる場合もございます。

Internal medicine

『舌下免疫療法』

舌下免疫療法はアレルゲン免疫療法の一つで、アレルギー性鼻炎の根本的治療を目指す治療法です。アレルギーの原因となるアレルゲンを少量投与して体をアレルゲンに慣らし、数年かけて体質を変えていきます。アレルギー症状を治したり、長期にわたって症状を抑えることができ、症状が完全に抑えられない場合も薬の量を減らしたり症状を和らげることが期待できます。
数年間継続して行う治療ですが、人によっては治療開始数ヶ月で症状が軽くなる場合もあります。

このような症状、お悩みはありませんか?
  • 花粉症による、くしゃみ・鼻水・目のかゆみが辛い
  • 花粉症の薬が手放せない
  • 花粉症の薬による眠気で、仕事や勉強に支障をきたす
  • 妊娠したときに花粉症の薬が飲めないことが心配
         
治療の対象となる疾患
  

・スギ花粉症
・ダニが原因のアレルギー性鼻炎
5歳以上の方から治療を受けていただくことが可能です。ただし妊娠中・授乳中の方、ステロイド薬を継続的に内服している方は治療を行うことができません。

治療について

●治療の時期
スギ花粉症の舌下免疫療法はスギ花粉の飛散がない時期に開始するため、6月〜11月末が治療開始目安です。ダニアレルギーの場合は時期を問わず開始することが可能です。
●治療方法
【スギ花粉症の場合】
舌の裏にシダキュアという錠剤を置き、1分程度置いたあと飲み込みます。その後5分程度は飲食・うがいを控えます。これを1日1回毎日服用します。
【ダニアレルギー性鼻炎の場合】
舌の裏にミティキュアという錠剤を置き、1分程度置いたあと飲み込みます。その後5分程度は飲食・うがいを控えます。これを1日1回毎日服用します。
●治療にかかる費用目安
2500円〜3000円/1ヶ月(28日)

治療の流れ
 

1.アレルギーの血液検査を行います
対象となるアレルギーをお持ちか検査します。当院以外で検査を行った方は検査結果をご持参ください。
2.副反応が起きないかを確認します (初回投与)
初回は院内でお薬を服用していただき、経過観察を行います。通常診察と同じように受診していただいた後、薬局でお薬を受け取ります。当院にお戻り次第、院内で服用し再度診療を行います。おもな副反応として、口の中の腫れ・のどのかゆみ・耳のかゆみなどが挙げられます。
3.定期通院
副反応なく、問題なく服用できれば1週間後に来院していただきます。その後は1ヶ月ごとの定期通院になります。

診療案内

Medical information

総合内科

General Internal Medicine

消化器内科

Gastroenterology

小児科

Pediatrics

内視鏡内科

Endoscope Internal Medicine

胃カメラ

Gastroscope

大腸カメラ

Colonoscope

健 診

予防接種

設備紹介

嚥下のご相談

Consultation for swallowing